環境数理スタディグループ

Feb. 22, 2017 - Feb. 28, 2017
東京大学大学院数理科学研究科

趣旨

本スタディグループでは、環境問題に関する数学的解決や、数学を軸にして、環境問題に関係する諸科学分野との共同研究や連携を発展させることを目指します。

活動内容は、初日の2月22日(水)に、環境問題に関係する諸科学分野の研究者から、環境問題に関する未解決の数学的問題について紹介・解説があり、興味を持った聴衆が、2月22日午後からの会期中、当該問題の提出者と協力し、数理的な解決のために具体的な作業を行います。2月28日(火)に最終報告会を行い、当該課題に関連した異分野連携の今後の発展を図ります。

また、スタディグループに参加して、異分野連携の実践に携わってもらうことにより、大学院生や若手のポスドクの人材育成を図ることも目的とします。

問題

課題提供者及び課題

  • 和田洋一郎 東京大学アイソトープ総合センター・教授: 「放射線生物医学の見地からみた福島における放射線被曝の数理モデル」
  • 羽田野祐子 筑波大学機能工学系・教授: 「セシウムの空間線量率の長期予測のための数理モデルの構築と数値手法の開発」
  • 川西 琢也 金沢大学 理工研究域 自然システム学系 准教授

課題要旨

TBA

スケジュール

課題説明会

日時 2017年2月22日(水) 10:30-12:00
場所 東京大学大学院数理科学研究科002号室
(※002号室へのアクセスについては「構内図」を参照ください.)

懇談会

日時 2017年2月22日(水) 18:30 - 20:30
場所 東京大学駒場キャンパス 駒場ファカルティ・ハウス
会費 学生2,000円,一般3,000円.(当日いただきます)

部屋ごとの議論

部屋割りはこちらのPDFファイルを御覧ください.

成果報告会

日時 2017年2月28日(火) 14:00-16:00
場所 東京大学大学院数理科学研究科棟002号室
(※002号室へのアクセスについては「構内図」を参照ください.)

アクセス

本スタディグループは,東京大学大学院数理科学研究科にて開催されます.

構内図

構内図

課題説明会が行われる002教室は,西口玄関及び正門からは入ることができません.西口玄関よりも踏切側にある入り口からお入りください.